セラミックや金属のろう付け接合(メタライズ)した複合化ハイブリッド製品の開発・製造
日本ハイブリッドテクノロジーズ株式会社英語版サイトへポルトガル語版へ
トップページ会社案内技術紹介設備案内トピックス
セラミックと金属の接合を実現させるあらゆる技術にお応えします。
日本ハイブリッドテクノロジーズ株式会社リンク集コンタクトサイトマップ
 
 
技術紹介
 
 20数年前、ニューセラミックスブームの頃に炭化珪素、窒化珪素、窒化アルミ、ジルコニヤ、高純度アルミナなどのセラミックスと各種の金属とをろう付け接合する新規な技術を基礎として設立された会社です。

その後、一般的なアルミナの接合のためのモリブデン−マンガン法によるメタライズ技術の改良やガラスの接合技術の開発を続けて、多くの無機材料のろう付け接合(メタライズ)の需要に答えてきました。
 当社では、セラミックス部品をお客様より御支給いただき金属部品については形状材質などについて充分御相談させていただいた上でお客様から御支給いただくか、あるいは当社で手配させていただき、ろう付け接合処理をした部品として返却納品させていただいております。

代表的なプロセスは以下の4通りです。
 
 アルミナ99.5%以下のセラミックスとコバール、インコネルなどの金属の場合
 
Mo-Mn法によるメタライズ
1280〜1350℃
銀ろう等によるろう付接合
 
 
 
 Si3N4・SiC・AlN・ZrO2 サファイヤ等のセラミックスとコバール、モリブデン、銅などの金属の場合
 
活性金属成分の配合された合金によるメタライズ
950〜1250℃

銀ろう、金ろう等によるろう付接合

 
 
 
 各種セラミックスと金属との平面重ね合わせの場合
 
活性金属ろうによる接合
900〜1000℃
 
 
 
 セラミックス、ガラス等の無機材料と純アルミとの平面重ね合わせの場合
 
アルミニウムの自溶性接合
600℃
 
  
 
 
 
 
日本ハイブリッドテクノロジーズ株式会社 〒518-0443 三重県名張市青蓮寺1350-3 TEL 0595-64-8012 FAX 0595-64-8013
(C)2007 日本ハイブリッドテクノロジーズ All Rights Reserved.